キャバクラのバイト

北新地のキャバクラは、あくまで金銭の受け渡しがある商業的な意味合いが強いものですが、そこには男性と女性が出会う場ですから、当然男性の方がキャバクラ嬢に惚れてしまうということがあります。

そうなってしまったら、男性としてはとにかくその北新地のキャバクラに通うしか女性と会う手段はありません。
毎日毎日通っていれば、当然金銭的負担も大きくなるわけですが、男性というのは1度惚れてしまったらなかなかその感情から抜け出すことはできませんので注意が必要です。

逆に女性視点から考えれば、男性に惚れてもらうのは嬉しいことです。
それだけ指名される機会も増えるでしょうから、キャバクラ嬢としての地位や名声を手にすることができます。

こうやって考えてみると、なんて男性とは虚しい生き物なのかと思いますが、そういった男性の心理をうまく利用して成り立っているのがキャバクラというサービスなのです。

もともと、男性と女性では潜在的に女性の方が立場が強いので、それを男性がお金を使うことにより、立場を上げるというのが北新地のキャバクラの役割でもあります。

男性はプライドの塊ですから、そういったことを実にうまく利用した商売だと思います。

これからも、そういった男女の特性が変わることはなでしょうから、北新地キャバクラバイトという商売はなくならないと私は思っています。